文京区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、文京区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

文京区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、文京区~文京区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、文京区~文京区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(文京区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


フローリングのリフォームについては、絶対に費用も重要だけど、それ以上に重要になってくるのが、「どの会社に申し込むか?」ということではないですか?プロフェショナルなリフォーム会社をまとめてあります。当たり前のことですが、耐震補強工事は豊富な経験を持った業者が施工しないと、意味がないものになりかねません。その他にも、施工する家の状況によっては、補強する箇所だの施工法などが違ってくるのが当たり前です。「同居している両親が年を取ってきたので、思い切って高齢者向けのトイレリフォームを実施したい」などと思っておられる方も稀ではないと思われます。キッチンのリフォーム費用については、購入する製品や材料、作業水準などによって千差万別だと言えます。通常の価格帯は、製品と施工費を合算して、100~150万円ほどでしょう。マンションで実施する浴室リフォームは、一般住宅においての浴室リフォームとはやり方が違う部分も多いとされています。こちらでは、マンションの特徴を活かしたリフォームの重要ポイントをご覧いただくことができます。ネットを活用したリフォーム会社紹介サイトでは、建物のデータやあなたが希望しているリフォーム内容を入力すれば、5社前後のリフォーム会社から見積もりを送信してもらい、比べてみることができるのです。全リフォームの中で、一番実施件数が多いのがキッチンなんだそうです。使い勝手の良いキッチンにリフォームすれば、奥さん方も進んでお料理ができると言ってもいいでしょう。正直言って、信頼ができる業者だとしても、その業者が実施する外壁塗装が一番安いとはなかなか言い切れません。外壁塗装をするなら、安くあげるためにも、3~5社の業者から見積もりを提示してもらって、相場を知ることが一番重要でしょう。浴室リフォームをするつもりなら、床はバリアフリーにする&滑ることのない素材にし、腰を下ろしたり上げたりする位置には手摺を配置するなど、安全面の充実も図るようにしてください。リフォームにつきましても、住居の改修だと捉えて間違いないですが、リノベーションと比較すると、規模感とか狙いが違うわけです。リフォームは総じて規模の小さい改修で、元に戻すことがメインとなります。耐震補強に関しましては、いろんなリフォームの中でも高額な料金が取られる工事なのですが、お金の面でなかなか難しいということであれば、ここだけはという肝となる箇所だけ耐震補強するというのもいいのではないでしょうか?屋根塗装も、どのような時期にやるべきなのかという規定などありません。汚れなども気に留めず、実際の上での損失がない場合は、将来的にも何もしないという方もおられるそうです。旧耐震基準にて建設された木造住宅向けに、相当数の自治体が耐震診断費用を100%負担すると発表しているようです。その診断結果に準じた耐震補強工事の費用を、一定額まで補填する自治体も出てきているそうです。屋根塗装を行なってもらうと、風・雨あるいは太陽光から住居を守ることができるので、当然のように冷暖房費を節約できるといったメリットも生じてきます。リフォーム費用は、どんな工事をするかによって丸っきし変わってくるわけですが、それぞれの工事費用の相場を頭に叩き込んでおけば、そう簡単には損することはないと言っても過言ではありません。