青梅市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、青梅市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

青梅市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、青梅市~青梅市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、青梅市~青梅市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(青梅市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


単にトイレリフォームと言っても、タンクとか便器を新しくするだけのものから、トイレの仕様を替えてしまうというもの、トイレを増設するというものなど、いろんなパターンが想定されるわけです。屋根塗装を依頼するには、当然ですがまとまった金額が求められることになります。それゆえコストダウンできる方法があるのであれば、是非取り入れて、僅かでも支出を抑えていただきたいと思います。「外壁塗装工事以上に、手を抜きやすい工事はないのではないか」と言われるくらいで、粗悪な業者が相当数存在しています。そういう背景から、信頼感のある業者をチョイスすることを意識することが必要です。浴室リフォームを行なっている業者を5社程度選択して、それら全部の業者に見積もりの提出をお願いするのは、思いの外苦労すると思います。そうした時は、一括見積もり請求サイトを活用すべきです。「外壁塗装の施工費用」には合点がいかない点が目に付き、業者にもらった見積もりが相場通りなのか否か判断できません。尚且つ、色々書かれている工事が、本当にやるべきものなのか否かもてんでわかりません。浴室リフォームを行なう場合は、床は段差解消&滑りにくい材質のものにし、腰を上げたりおろしたりする部位には手摺を設置するなど、安全にも心掛けましょう。平均的なリフォーム一括見積もりサイトは、申し込みした人の姓名とか携帯等を登録業者に提供することが前提なので、しつこく電話が掛かってくる可能性もあることを覚悟しなければなりません。トイレリフォームに掛かる総額、やはり心配でしょうが、よく言われている概算的な金額は、60~70万円のようです。そうは言っても、予想外のことが発生して、この金額を超えることもよくあるとのことです。現実的には、フロアコーティングは一度切りしか行ないませんので、うまくやる為には油断などしている場合ではないのです。その為にも、とにもかくにも5社前後の業者から見積もりを取ることが必要です。ここへ来て、しきりに聞くようになった「リノベーション」という単語ですが、「リフォーム」と何ら変わらないものだとして、日常的に使っている人もかなりいるのではないでしょうか?外壁塗装を行なえば、当たり前ですが暮らしている住宅を素敵に見せる事も可能ですが、それに加えて、外壁の塗装膜の性能低下を抑止して、家の耐用期間を延ばす事にも寄与します。外壁塗装業界においては、何の知識もない人の心の隙間に付け込み、無理くり契約を迫る酷い業者とのトラブルが一向に減りません。そんなトラブルに巻き込まれないためにも、外壁塗装の周辺知識武装をすることが大事です。少し前までのメインと言いますとワックスだったわけですが、ここ数年はワックスよりも耐久力や防護能力に定評があり、美しさにも特長のあるフロアコーティングを依頼する人がほとんどです。木造住宅の耐震補強におきましては、耐力壁をどの壁面にセットするのかが最重要課題です。耐力壁というのは、地震や突風により横のパワーに見舞われた場合に、抵抗する働きをしてくれる壁のことです。全フローリングを張り替える費用のことを考えれば、フロアコーティングの費用で、綺麗なフローリングを20年維持できる方が、結局は安くなると言って間違いありません。