小金井市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、小金井市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

小金井市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、小金井市~小金井市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、小金井市~小金井市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(小金井市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


浴室リフォームをする場合は、機能だけに注目するのではなく、ゆったりとした入浴時間になるようなリフォーム計画を立てることで、満足感も驚くほどアップすることになるはずです。リフォーム費用の相場を頭に叩き込むためにも、見積もりをゲットすることが必要です。業者が提示してくる見積書は専門用語が目立ち、掲載の仕方や書き方も、業者次第で違いがあります。フロアコーティングを実施したら、床材を保護するのみならず、美しい光沢を何年間も保持することができます。傷に対する抵抗力もありますし、水拭きも問題なくできますから、クリーンナップもそれほど時間が取られません。耐震補強工事に関しては、多様なリフォームの中でも高額な出費が要される工事とされますが、資金の面で難しいということであれば、とりわけ必要不可欠な部分のみ耐震補強するというのもいいのではないでしょうか?リフォーム会社に要望したいことは、人により異なるはずです。従いましてそれを整理して、リフォーム会社選定をする時の指標にすることが大事になってきます。一括見積もりサービスというものは、元々運営会社が実施する審査で、邪悪だと判断される業者をカットしておりますから、ご自身のご希望に合う業者を、迷うことなくセレクトしていただけるというわけです。インターネットを有効活用したリフォーム会社紹介サイトでは、住まいの現状データや希望リフォーム内容を打ち込むのみで、登録済みの優良リフォーム会社から見積もりを送ってもらい、比較検討することが出来るのです。現在大人気のリノベーションとは、築後何年も経った住宅に対して、その使い勝手を良くする為に改修をしたりなど、その住宅での暮らし全体を快適なものにすべく、種々の改修を敢行することを言うわけです。フロアコーティングには、4種類の施工方法が存在します。施工法により耐久性と料金に違いが生じますので、コストと成果のバランスやそれぞれの強みと弱点などを検討してから決定するようにしましょう。中古で手に入れたマンションのリフォームを行なう人が増加傾向にあるようです。その良い所はと申しますと、新築されたマンションを手に入れるのと比べても、合算費用を安くすることができるという点ではないでしょうか?マンションのリフォームと申し上げましても、壁紙をチェンジするのみのリフォームから、フローリングを交換したり、更には水回りも含め全部新しくするといったリフォームまで様々あります。短い距離でありましても、キッチンを動かすときには、様々な作業が必要とされます。リフォーム料金を下げたいなら、短絡的になんらかを切り捨てるのではなく、広範に及ぶ検討が欠かせません。リノベーションにお金が掛かっても、新築を買うよりもお買得に自分の家をゲットすることができるほか、何年か先の資産価値の低下を阻止するというメリットも期待できると言えます。屋根塗装も、どの時期に実施してもらったらいいのかという決まりがあるわけではありません。サビなども無視して、実際の上での被害を被ることがなければ、半永久的に実施しないという方もおられるくらいなのです。現実的に「リフォームをしたい」という気持ちになった際に、何処のリフォーム会社に依頼するか見当が付かないという人も多々あると思います。どこの会社にお願いするかは、リフォームの満足度を左右するはずですから、何よりも大切だと断言します。