国立市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、国立市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

国立市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、国立市~国立市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、国立市~国立市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(国立市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


マンションのリフォームとなれば、洗面所もあれば天井もあるという様に、多くの部位や場所が考えられますが、業者によって実績のある場所(分野)や工事代金設定に違いが見られます。「浴室の床が滑るので恐怖心がある」、「汚れが落ちなくなってきた」と感じるようになったのであれば、そろそろ浴室リフォームに着手したほうが良いと思います。今日この頃の浴室の機器類は進歩もめまぐるしく、あれもこれもと工夫が施されていると聞いています。ここへ来て、ちょくちょく耳に入ってくる「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と何ら変わらないものだとして使っている人も稀ではないとのことです。浴室リフォームの相場が念頭にあれば、優秀な業者と悪徳業者を選別できると思われます。どの部分をリフォームするかで異なってきますが、総じて70~80万円が相場だとされています。旧耐震基準にて建設された木造住宅に関して、数多くの自治体が耐震診断費用を無償化すると発表しているようです。その診断結果に準拠した耐震補強工事の費用を、一定の額まで補填する自治体もあるそうです。屋根塗装というものは、小まめに行なうものじゃありませんから、あなただって注意深くなると思います。満足できる仕上がりを目指すためにも、屋根塗装業者と細かく話し合うことが欠かせません。リフォーム中、何よりも施工件数が多いのがキッチンだと聞きました。機能性の高いキッチンにリフォームすることができれば、女性の皆さんも張り切って料理をすることが出来るのではないでしょうか?全フローリングを張り替える値段と比較すると、フロアコーティングをしてもらうことで、綺麗なフローリングを20年保持し続けることができるという方が、やっぱり安くあがることになると言っても過言じゃありません。屋根塗装と申しますのは、見た目のイメージにとどまらず、建物そのものを防護するという役目を担います。単純に言えば、屋根塗装というのは、住宅の現状を可能な限り長く維持する為には必須なものだと言えます。外壁塗装を施せば、当然ながら現在の家をカッコ良く見せる事も出来るはずですが、更に言うなら、外壁の塗装膜の性能維持をサポートして、家の寿命を延ばす事にも効果を発揮します。全般的に言って、電化製品類の寿命は10年ほどです。キッチンの寿命はそれほど短くありませんから、そこに並べる製品は、やがて買い替えるということを踏まえて、キッチンのリフォームに取り掛かる必要があります。リフォーム費用の見積もりを見ると、ものとしては評価できない諸経費と仮設工事費が記載されていますが、諸経費についてはきっちりと理解されていない場合が多く、利益を誤魔化しているだけだと想定されているようですね。木造住宅の耐震補強の中でも、屋根の軽量化を図る工事は、他の場所と関係することもありませんし、転居することなく進めていけるので、家族それぞれの負担もないのも同然で、推奨できる工事ですね。屋根塗装も、どのような時期にやって貰ったらいいのかという決まりがあるわけではないのです。色褪せなども全く意に介さず、実際の損失が生まれなければ、その時が来るまで静観するという人も見られるとのことです。トイレリフォームについては、タンクとか便座を新品にするだけのものから、トイレの設置場所を替えるもの、トイレを増設するというものなど、多種多様なケースが考えられるのです。