和光市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、和光市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

和光市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、和光市~和光市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、和光市~和光市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(和光市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


耐震補強の為に手持ち資金を費やしても、本当に地震が来るかは分からないというのが事実ですし、何の意味もなかったことになるかもしれません。ただし、耐震補強工事が完了済みの家で日々の生活をするということは、何と言っても安心感を生み出してくれるはずです。「外壁塗装工事よりも適当にやってもバレないものは見受けられない」と言われるくらいで、粗悪な業者が少なくないのです。だからこそ、信頼に値する業者を選ぶことに一番力を注ぐべきですね。外壁塗装を行なえば、言うまでもなく大切な我が家を素敵に見せる効果も考えられますが、加えて言うなら、外壁の塗装膜の性能を落ちないようにし、家の耐久年数を延長させる事にも役立つのです。木造住宅の耐震補強工事という中で、屋根の軽量化を図る工事は、他の場所に影響するということも皆無ですし、生活に支障なく進めていけますから、住んでいる方の負担もありませんし、是非やっていただきたい対策ですね。一言でトイレリフォームと言いましても、便座とか便器を取り換えるのみのものから、トイレの仕様を替えるもの、トイレを増設するというものなど、多種多様なパターンが考えられます。このサイトでは、トイレリフォームで実際的に求められる料金や、認識しておきたいポイントについてご紹介しております。トイレリフォームで頭を悩ませている方は、確かめてみてはどうでしょうか?望んでいるトイレリフォームの詳細を書き込めば、それを引き受けることの出来るいくつかのトイレリフォーム業者から、提案書や見積もりがもらえるという一括見積もりサービスもいくつかあるようです。一般的に言えば、フロアコーティングは1回しか行なうことがないので、満足のいく仕上がりにする為には妥協することを忘れなければなりません。その為にも、まずはフロアコーティング専門業者に見積もり提示を依頼することから始めましょう。従来のトレンドはワックスだったわけですが、近年ではワックスよりも耐用性とか防護能力が抜群で、光沢も素晴らしいフロアコーティングを採用する人が多くなっています。この頃、しばしば耳にするようになった「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と同じ意味だとして、日常的に使っている人も稀ではないそうです。マンションで実施する浴室リフォームは、戸建ての住宅の浴室リフォームとは異なる部分も割と多いのです。当ページでは、マンションでのリフォームの注意点や重要ポイントをご紹介しています。旧耐震基準に即して建築されている木造住宅を対象として、多数の自治体が耐震診断の費用を完全無料化することを表明しているようですね。その診断結果に基づいた耐震補強工事の費用を、一定金額まで補填する自治体もあるようです。マンションのリフォームを敢行した理由を尋ねてみると、割合的に多かったのが「設備の劣化&設備のアップグレード」で、半数を優に超えるご家族がその理由として挙げていました。キッチンのリフォーム費用については、ご希望の製品や素材、施工の中身などによって異なってきます。一般的なもので言えば、製品と工事費を合算して、75~150万円程度だと聞かされました。徹底した登録審査を通ることができた各エリアの信用できるリフォーム会社を、第三者的立場でご紹介しております。いくつかの加盟会社の中より、予算や希望にピッタシの一社を見つけ出してください。