鶴ヶ島市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、鶴ヶ島市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

鶴ヶ島市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、鶴ヶ島市~鶴ヶ島市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、鶴ヶ島市~鶴ヶ島市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(鶴ヶ島市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


傷だらけのフローリングをリフォームしたいけど、「時間が取られそう」ということで、思い切れないままでいる人も多いと聞いています。びっくりですが、フローリングのリフォームは1日で終わらせることも不可能ではないのです。耐震補強というものは、種々のリフォームの中でも高額な資金を要する工事だと断言できますが、資金的に躊躇しているのなら、「この部屋だけは!」という様に、重要な部位だけ耐震補強するというのも良い考えだと思います。中古で買い入れたマンションのリフォームを行なう人が増えているとのことです。そのメリットと言いますのは、マンションを新築で購入するのと比べて、トータルした金額を低く抑えられるという点です。キッチンのリフォームを実施する時の施工日数は、傷みの度合いや改装工事の内容次第で違ってくるのが一般的ですが、設置する場所が同じところで、同一サイズのシステムキッチンにするのみということなら、1週間もあったら終了できるでしょう。希望していたマイホームを手に入れても、そのあとからも諸々の費用が必要になるものです。単なる維持費だけに限らず、日頃の生活の変化により、リフォーム費用が必要になることも考えられます。短い距離という場合であっても、キッチンを動かすときには、何だかんだと工程が必要とされます。リフォームの費用を下げたいなら、ちゃんと考えずに何かを諦めるのじゃなくて、多岐に及ぶ検討が必要とされます。いくら信用できる業者だとしましても、そこが実施する外壁塗装が他社よりも安いとは断定できないはずです。外壁塗装を行なうのなら、後悔することがないように、3社以上の業者から見積もりを提示してもらって、相場を極めることが必要不可欠です。リフォーム費用の相場を頭に叩き込むためにも、見積もりを提示してもらうことが必須になります。業者が提示した見積書は素人には分かりづらいのが普通で、掲載方法や書き方も、業者次第で相違してきます。トイレリフォーム費用のことが気掛かりですよね。でもお伝えしておきたいのは、便器とかタンク、更には便座の機能性などが、この3~5年で信じられないほどアップして、安くても機能性に秀でたものもたくさんあるということなのです。フロアコーティングは、傷を防止したり、綺麗さを長く持たせることを期待してなされるものです。一方で最大のウリだと思われるのが、ワックス掛けをする必要がなくなることです。キッチンリフォームの施工中に、「既存のキッチンを移動させてみたところ、床板が真っ黒く腐りかけていた。」みたいな事はごく普通にあります。こうした時は、その床材の補修をすることが絶対必要になります。一口にトイレリフォームと言いましても、便器であったりタンクを新しくするだけのすぐ終わるようなトイレリフォームから、和式トイレを今風の洋式トイレにしてしまうリフォームまでと、バラエティーに富んでいるのです。リフォーム会社選択における大事なポイントとして、体験談とか評判はもとより、「最低3社のリフォーム会社より見積もりを提出してもらって見比べる」ということが欠かせないと断言します。リノベーションと申しますのは、現在の建物に対して規模的にも大きな改修工事を執り行い、機能を変えて性能アップを図ったり、住まいとしての価値を上昇させたりすることを言うのです。当ページでは、トイレリフォームで一般的に要される金額や、知っておいていただきたいポイントについてご紹介しております。トイレリフォームにつきまして頭を悩ましている方は、目を通していただきたいと思います。