川越市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、川越市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

川越市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、川越市~川越市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、川越市~川越市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(川越市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


一般的に言えば、フロアコーティングは一度切りしか行ないませんので、望み通りの結果を得る為には手抜きはできません。その為にも、とにかく出来るだけ多くの業者に見積もりを提示してもらうことが必要です。「外壁塗装工事よりも施主を騙しやすいものは他にはない」と言われるくらいで、粗悪な業者が非常に多くいます。そういう背景から、信用のおける業者を選ぶことが最も重要なことになります。通常のリフォーム一括見積もりサイトは、申し込んできた人の氏名であるとかTEL等を登録業者に提供することが前提ですから、セールスの電話が掛かってくる可能性もあることを覚悟しなければなりません。トイレリフォーム費用のことが心配だと思います。しかしお伝えしておきたいのは、便器又はタンク、更には便座の機能性などが、ここ3~4年で予想以上にアップしたようで、安い価格帯でも機能的に満足できるものがリリースされているということなのです。一概にトイレリフォームと言っても、便座だったりタンクを新しいものにするだけの1~2時間で済むトイレリフォームから、和式トイレを人気となっている洋式トイレに全て取り換えてしまうリフォームまでと、各家庭のニーズに合わせられるのです。フロアコーティングというのは、傷を防止したり、綺麗さを維持するといった事を目指して実施するものだと言っていいでしょう。それにプラスして最大のおすすめポイントだと言っても過言じゃないのが、ワックス掛けが不要だということです。皆さんは「インターネットを活用して、リフォーム費用の一括見積もりが可能なサービスがある」ということを耳にしたことはおありですか?引越しなどにおいては、当たり前のようになっておりますが、建築関連についても、サービスが提供され出したというわけです。「耐震診断を行なってもらったのだけど、耐震補強工事に必要な費用を準備することができなかったので、その工事を断ざるを得なかった」という人が多いそうです。だけど、放ったらかしておけば地震による被害を抑制することは難しいということです。リフォーム会社の優劣を決める際の着眼点は、人により違います。職人の能力と工事費用のバランスが、各々が求めているものとフィットしているかを見定めることが重要ですフローリングリフォームで張り替える費用と比べると、フロアコーティングをやって貰うことで、艶やかさを20年ほど維持し続けることができるという方が、結局は節約につながると思われます。新築した時と同じ水準か、それ以下の水準になる工事ということになりますと、「リフォーム」に類別されます。これとは別で、新築時以上のレベルになる工事ということになると、「リノベーション」に分類されることになります。屋根塗装も、いつ頃実施したらいいのかという事は決まっておりません。色褪せも問題にせず、現実の上での被害に遭わなければ、半永久的に実施しないという家庭も存在するのだそうです。中古で手に入れてから、そのマンションのリフォームを行なう人が多いらしいですね。その魅力と言いますのは、新しく建築されたマンションを買い求めるよりも、合計金額を低く抑えることができるというところだと考えます。リフォーム会社を比較していくと、リフォーム完了後に見つかった不具合を無料で修繕する保証期間を設けている会社もいくつかありますから、会社を確定する前に、保証制度があるのか否かとか、その保証範囲を認識しておいてください。「合算金額が全然違う!」というところが決め手となって、築後何年か経過したマンションを買ってリフォームを敢行するという人が増えつつあります。リアルな話として、マンションのリフォームに要する金額が幾らなのか知りたいですよね?