長崎市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、長崎市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

長崎市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、長崎市~長崎市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、長崎市~長崎市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(長崎市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


マンションで行なう浴室リフォームは、一軒家で実施する浴室リフォームとは違う点もたくさんあるのです。ここでは、マンションの特徴に沿ったリフォームの重要ポイントを紹介しております。耐震補強に100万円以上ものお金を掛けたところで、実際に地震に見舞われるかは定かではありませんし、何の意味もなかったことになるかもしれません。けれども、耐震補強が行われている家で毎日の暮らしをするということは、何より安心感を得ることに繋がります。「光沢のあるものにしたい」、「音を吸収するタイプがいい」、「あまり派手じゃない方がいい」など、日頃の生活とか趣味・センス、更には資金を考えたフロアコーティングをお願いすることができます。安く購入できるという点に目をつけて、何年か経ったマンションを買い求めてリフォームを行うという人が多くなってきています。実際に、マンションのリフォームに必要な費用が幾らなのか知りたいですよね?屋根塗装をすべきタイミングと言いますのは、どなたも判断できるのではないでしょうか?でも一人でやろうとしても、その方法すらわからないでしょうし、屋根塗装業者を1つに決めるときも、その基準も分かるはずがありませんよね。浴室リフォームをする場合は、機能はもちろんの事、ゆったりとした風呂の時間になるようなリフォームプランにすることで、納得度も思いの外アップすることになるはずです。「お風呂の床が滑るようになった」、「全体的に黒っぽくなってきた」と思ったら、そろそろ浴室リフォームの時期だと言っていいでしょう。この頃の浴室は進歩も目を見張るものがあり、いろいろと工夫されています。近い将来外壁塗装を実施しようと考えているのならば、外壁の表面の異常がはっきりした時に実施するのが正解です。その時期というのが、多くの場合新築後13~14年だそうです。木造住宅の耐震補強工事という中で、屋根の重さをダウンさせる工事は、その他の場所にも影響を与えませんし、住みつつ出来るので、居住している人の負担もないと言ってもいいくらいで、おすすめの対策です。フローリングリフォームで張り替える費用と比べると、フロアコーティングをやることで、艶やかさを20年ほどキープし続けることができるという方が、結局のところ安上がりになると思います。フローリングのリフォームをしたいと考えていても、なかなか前に進めないという人が少なくないと考えています。そんな人に役立つのが、楽々使うことができる一括見積もりサービスです。フローリングが古びてきた時のみならず、「家全体の印象を変えたい!」という時に適しているのが、フローリングのリフォームだろうと思います。「外壁塗装工事のように、施主を騙しやすい工事は皆無」と言われているほどで、劣悪な業者がかなり多いと思っていてください。そういうわけで、信頼することができる業者をチョイスすることが一番重要なポイントとなります。キッチンのリフォーム費用については、希望する製品とか材料、施工の中身などによって大きく異なるものです。よく出ている価格帯は、製品と施工費込みで、70~130万円くらいだと聞かされました。リフォームとの間に、確かな定義の違いはないと言えますが、それまで暮らしていた住居に新規の付加価値を与えられるように、全設備の取り換えや間取り変更工事などを敢行することをリノベーションと言うようです。