仙台市太白区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、仙台市太白区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

仙台市太白区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、仙台市太白区~仙台市太白区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、仙台市太白区~仙台市太白区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(仙台市太白区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


キッチンリフォームの最中に、「使っていたキッチンを動かしてみたら、床が水により腐っていた。」みたいな事は少なくありません。このような時は、その周辺の補修が必要になります。古いマンションを手に入れて、自分が好きな通りにそのマンションのリフォームを行なうというのが、今の流行りです。最新型のマンションだと体感することができない「味」があると教えられました。現実の上で「リフォームをしたい」という気持ちになった時に、何所のリフォーム会社に発注したらいいか決められないという人も大勢いらっしゃることでしょう。どの会社に依頼するかは、リフォームの結果に繋がりますので、実に重要な要素なのです。傷や汚れが非常に目立っているフローリングをリフォームしたい気持ちはあるけど、「あんまり時間が取られるのも嫌だし・・・」と勝手に思ってしまっている人もいるでしょう。しかし、意外にもフローリングのリフォームは1日で済ませることもできるのです。キッチンのリフォームを望んでいたとしても、工事費用がどれ位なのかは分かりませんよね?試しに見積もりを取り寄せたとしましても、その施工費がリーズナブルなのかどうかすら判断できないと考えられます。長年憧れていたマイホームを買っても、そのあとからも思いもよらない費用が必要になってきます。日常的な維持費は当然の事、毎日の暮らしの変化に伴って、リフォーム費用が必要になる可能性もあるわけです。「両親双方が体力的にも弱くなってきたので、もうそろそろ高齢者に優しいトイレリフォームを行ないたい」などと思っておられる方もかなりいると耳にしています。フロアコーティングは、傷が付かないようにしたり、美しさを長期間保ち続けることを目論んで実施するものになります。その他最大のウリだと言って間違いないのが、ワックス掛けが必要なくなるということでしょうね。そろそろ外壁塗装を実施しようとお考えなら、外壁の表面が劣化し出した時点で実施するのが一番いいと思います。その時期というのが、ほとんどの場合新築後10余年だと聞きます。「外壁塗装の料金」には怪しい部分が見受けられ、業者が出してきた見積もりが妥当なのかまるっきりわからない状況です。尚且つ、色々書かれている工事が、どうしても必須工事なのかも皆目わからない状態です。リフォーム会社に望んでいることは、各自違うと思います。先ずはそれを整理して、リフォーム会社選択をするという際の基準にすることが必要不可欠だと考えます。屋根塗装を行ないますと、風・雨あるいは太陽熱から住居を守ることが期待できるので、勿論冷暖房費を抑制することができるといったメリットも出てくるはずです。常識的に見て、電化製品類の寿命は10年前後だと言われます。キッチンの寿命はそれより長くなりますから、そこに配置する製品は、この先買い替えるということを計算して、キッチンのリフォームに取り掛かってください。フロアコーティングをやっておけば、床材を保護するのみならず、美しい光沢を何年間も維持することも不可能ではないのです。傷が付くことも稀ですし、水拭きOKなので、清掃も非常に短時間で済むはずです。新築時と同じ程度か、それ以下の程度になる工事ということになりますと、「リフォーム」に類別されます。これに対して、家を新規に建てた時以上のレベルになる工事ということになると、「リノベーション」だとされます。