神奈川県でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、神奈川県で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

神奈川県でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(神奈川県)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


屋根塗装と呼ばれているものは、ちょくちょく実施する類のものではないので、どんな人も注意を払うと思われます。想像通りの仕上がりを実現するためにも、屋根塗装業者と十分に話し合うことが重要です。トイレリフォーム費用のことが心配だと思います。しかし覚えておいてほしいのは、便器であるとかタンク、更には便座の機能性などが、このところ想像以上に進化を遂げたようで、安い価格帯でも機能も十分付帯されている物をゲットすることができるということです。和室の畳をフローリングにしたいといった時に、天井とか壁は和室の雰囲気を残すために手をかけることをしないで、畳をチェンジするだけのフローリングリフォームだとしたら、費用は割と安く抑えられます。トイレリフォームの費用は、便器もしくはタンクなどの「機器の値段」と、工事に当たる人の人件費になる「施工費」、それ以外では廃棄物処理等の「雑費」の総計で決まってきます。ただ単にトイレリフォームと言いましても、便座とか便器を交換するのみの2~3時間程度のトイレリフォームから、和式トイレを流行の洋式トイレへと変更するリフォームまでいろいろなのです。見込み客が、リフォームの見積もりを要している時に、加盟登録している各地域のリフォーム業者に見積もりを作らせ、それを依頼者が見れるようにしてくれるのが、「無料一括見積もりサイト」だというわけです。浴室リフォームを行なう場合は、機能はもちろんの事、心身ともにリラックスできるバスタイムになるようなリフォームプランにすることで、充足感も想定以上にアップすると思われます。望んでいる通りの我が家を実現するとなったら、かなりの費用が請求されますが、新築と比較してみれば割安に実現可能になるのが、こちらでご紹介しているリノベーションだというわけです。傷だらけのフローリングのリフォームもやって貰いたい気はあるけど、「あんまり時間が取られるのも嫌だし・・・」ということで、思い切れないままでいる人もいるではないかと思います。驚くことに、フローリングのリフォームは1日で終了することもできるのです。今注目されているリノベーションとは、中古住宅に対して、購入時を上回る機能や価値を生み出す為に改修をしたりなど、その住まいでの暮らし全体を快適なものにすべく、色々な改修を行なうことを言うわけです。フローリングのリフォームとしましては、「貼り替え」と「重ね張り」と称される二通りの方法があるのです。作業時間がかなり違うということで、一般的に「重ね張り」よりも「貼り替え」の方が、費用は高くついてしまいます。「汚れがこびりついて汚くなったフローリングを張り替えてしまいたい!」、「下の方に迷惑をかけることがないように、フローリングを防音タイプのものと張り替えてしまいたい!」とおっしゃる方には、フローリングのリフォームがピッタリではないでしょうか!?「両親が共に体力的にも弱くなってきたので、直ぐにでも高齢者専用のトイレリフォームを行ないたい」などと言われる方もたくさんいると思います。一言でトイレリフォームと言いましても、便座を取り換えるだけのものから、トイレそのものを替えるというもの、トイレを増やすものなど、多様なパターンが想定されるのです。スレートが変色してきたり、屋根にサビが目立つようになってきたら、屋根塗装を行なった方がいいと考えていただきたいですね。仮に何の対処もしなければ、家屋全てに酷い影響が及んでしまう危険性もあるのです。