大和市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、大和市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

大和市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、大和市~大和市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、大和市~大和市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(大和市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


匿名でリフォーム一括見積もりを依頼することができるサイトも見られます。申込時間によっては、3~4時間で見積もりが送られてきますので、簡単に費用とかサービス内容などを比較検討することが可能です。リフォーム一括見積もりサイトを活用することで得られる一番の利点というのは、リフォーム工事費用の最安値が把握できるということだと考えます。尚且つ、確かな腕を持つリフォーム会社の中での最安値ですから、言うことなしですね。キッチンリフォームの最中に、「既存のキッチンを取り外してみたところ、床が傷んで穴が開いていた。」みたいなことは稀ではありません。こうなると、その床部分の補修作業が要されることになります。木造住宅に対して耐震補強をする際は、耐力壁をどの壁面にセットするのかが一番重要なのです。耐力壁というのは、地震であったり突風により水平の力に見舞われた時に、抵抗する効果が期待できる壁になります。安く済むという利点に注目して、新築じゃないマンションを購入してリフォームに着手するという人が増えているそうです。実際的に、マンションのリフォームに要する費用は幾ら位かご存知でしょうか?「汚れがひどくなった」、「浴槽そのものが小さい」など、浴室リフォームをすると腹をくくった理由はいろいろです。更に、個々人の浴室リフォームに期待することも千差万別なのです。築後何年か経過したマンションを入手して、自分のニーズにマッチするようにそのマンションのリフォームを執り行うというのが、今の流行りだと言えますね。新築分譲マンションでは味わうことができない“味”があると聞かされました。平均的なリフォーム一括見積もりサイトは、ユーザーの氏名や電話番号等を取引している業者に引き渡すことが前提になるので、営業の電話が掛かってくる可能性もあることを覚悟しなければなりません。リフォーム会社選びをするという場合の重要なポイントとして、書き込みだの噂に加えて、「何としても3社以上のリフォーム会社から見積もりを送って貰って精査する」ということが外せないと言えるのではないでしょうか?技術力があって信頼のおける業者であるとしても、その業者が行う外壁塗装が一番低料金だとは言えません。外壁塗装を希望しているなら、価格的にも満足できるように、最低3社以上の業者から見積もりを手に入れ、相場を知ることが一番重要でしょう。リフォーム費用の目安を周知するためにも、見積もりを貰うことが必要不可欠になります。業者が差し出す見積書は素人には分かりづらいのが普通で、掲載方法や施工項目も、業者によって違います。フローリングのリフォームはもとより、今日この頃は畳をフローリングへとチェンジして、そして本格的な洋室にすべく、襖や壁もリフォームしてしまうといった方が目立つようになりました。リフォームにつきましても、家の改修を目指すものですが、リノベーションと比べますと、規模の面だったり意図するところが異なると言えるでしょう。リフォームは一般的に限定的な改修で、元の状態に復帰させることが主な目的になります。「耐震診断をしてもらったけれど、耐震補強工事に必要となる費用に充てる資金がなかったので、その工事を諦めざるを得なかった」という人が多いそうです。そうは言っても、そのままにしていれば地震による被害回避は不可能だと言わざるを得ません。リフォーム会社に何を望むかは、人それぞれ違います。とりあえずそれをはっきりさせて、リフォーム会社選定をする時の目安にすることが重要ではないでしょうか?