横浜市鶴見区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、横浜市鶴見区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

横浜市鶴見区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、横浜市鶴見区~横浜市鶴見区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、横浜市鶴見区~横浜市鶴見区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(横浜市鶴見区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


現在大人気のリノベーションとは、購入してからずいぶん年数が経った住宅に対して、その使い勝手を良くする為に改修を行なったりなど、そのお家での暮らし全体を快適なものにすべく、各種の改修を実施することを言います。中古で買い取ったマンションのリフォームに勤しむ人がかなり増えてきたそうです。その魅力と言いますのは、新規に建てられたマンションを手に入れるのと比べても、合算費用を抑えることができるというところだと考えます。浴室リフォームの相場さえ知っていれば、任せて安心な業者と悪徳な業者を選定できるでしょう。どの部分をリフォームするかで異なってくるのですが、おおよそ70万円前後が相場だと教えてもらいました。リフォームというのも、家の改修をすることですが、リノベーションと比べますと、スケール的なものであるとか狙っているところが異なると言えるでしょう。リフォームは比較的大がかりではない改修で、元の状態に復帰させることがメインだと言えます。一言でトイレリフォームと言いましても、便器や便座を新しいものにするだけのものから、トイレ全体を替えてしまうというもの、トイレを他の場所にも新設するものなど、様々なパターンが考えられます。リフォームの中で、最も受注する件数が多いのがキッチンだと聞きました。最新型のキッチンにリフォームすれば、主婦の方も進んでお料理ができること請け合いです。安く購入できるという点が気に入って、中古として販売されていたマンションを買い求めてリフォームを行うという人が増えてきているそうです。現実的に、マンションのリフォームに必要な金額はいかほどなのでしょうか?「外壁塗装の代金」には疑わしいところが少なくなく、業者が提出してきた見積もりが相場通りなのか否かまるっきりわからない状況です。しかも、複数記載されている工事そのものが、果たしてやるべきものなのかどうかも分からないわけです。リフォーム会社を見ていくと、リフォーム工事完了後に生じた不具合を料金なしで再工事する保証期間を設けている会社も存在するようなので、会社を選抜する際には、保証制度の設定があるのかどうかとか、その保証期間と保証範囲を理解しておくべきだと思います。旧耐震基準に合致している木造住宅に対しまして、様々な自治体が耐震診断の費用を無償化することを表明しているようですね。その診断結果に応じた耐震補強工事の費用を、既定の額まで補助する自治体もあるそうです。浴室リフォームを行なう際は、機能ばかりを重視するのではなく、ゆったりとした気分になれる入浴タイムになるようなリフォーム計画を立てることによって、納得度合いも相当アップすることになるでしょう。「外壁塗装工事よりも適当にやってもバレない工事は皆無」と言われるほどで、粗悪業者が少なくありません。だからこそ、信頼感のある業者を選択することが何よりも大切になります。浴室リフォームをやってくれる業者を3社程度選んで、それらすべての業者から見積もりをもらうのは、思っている以上に苦労が伴います。そのような時は、一括見積もり請求サイトがあります。屋根塗装に関しましては、綺麗さのみならず、家そのものを守るということで、とても役立ちます。言ってみれば屋根塗装というのは、住居の今の品質を将来に亘って維持することを適えてくれるのです。木造住宅の耐震補強工事の中でも、屋根そのものの重さを減じる工事は、その他の場所に影響することもありませんし、住みつつ進められますから、居住人の負担もないのも同然で、ある種手軽にできる工事だと言えます。