横浜市西区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、横浜市西区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

横浜市西区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、横浜市西区~横浜市西区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、横浜市西区~横浜市西区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(横浜市西区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


フローリングのリフォームに関しましては、当然費用も重要ではありますが、それ以上に重要且つ慎重にならなければいけないのが、「どこの会社に頼むか?」ということなのです。評価の高いリフォーム会社をまとめてあります。「もっと明るくしたい」、「耐用年数の長いものにしたい」、「落ち着いた感じがいい」など、毎日の暮らしや好み、更には資金に基づいたフロアコーティングを選定できます。マンションのリフォームをやることにした理由を問うてみますと、多くを占めたのが「設備の劣化&設備のアップグレード」で、5割を超える世帯の方がその理由として挙げていらっしゃいました。木造住宅の耐震補強工事において、屋根の重さをダウンさせる工事は、他の場所にも影響しませんし、通常生活を送りながら進めていけますから、居住人の負担もありませんし、是非やっていただきたい対策ですね。マンション内の浴室リフォームは、通常住宅内の浴室リフォームとは違う点もたくさんあるのです。このウェブページでは、マンション故のリフォームの注意点をご覧いただくことができます。トイレリフォーム費用が気掛かりでしょうが、伝えておきたいのは、便器であるとかタンク、更には便座の機能性などが、ほんの数年で予想以上にアップしたようで、値段がリーズナブルでも、納得できるものも数多くあるということなのです。リフォーム会社選定をするという際の大事なポイントとして、感想や噂の他、「何とか3~5社のリフォーム会社より見積もりを貰って比較してみる」ということが何より大切だと言えるでしょう。マンションのリフォームとなると、キッチンやトイレもあれば床もあるというふうに、多種多様な場所が対象になり得ますが、業者によって他社よりも秀でた分野・場所とか施工料金設定に違いがあるのが普通です。浴室リフォームをするつもりなら、床は段差をなくす&滑りにくい材質のものにし、腰の上げ下ろしをする場所には手摺を取り付けるなど、安全対策もした方がいいでしょう。日本間の床をフローリングに変更したいという場合に、天井や壁は和室の雰囲気を残すということで手を付けず、畳だけを変えるフローリングリフォームなら、費用は結構安いですね。「水垢が取れなくなってきた」、「お湯の溜まるスピードが遅くなった」など、浴室リフォームを決意した理由は様々あります。かつ、家族各自の浴室リフォームに対する願望も三者三様です。屋根塗装も、どういった時期に行なってもらったらいいのかという決まりがあるわけではないのです。サビなども無視して、はっきりとした損害が出なければ、これから先も何にもしないという方もいるそうです。リフォーム会社をジャッジする時の着目点は、人により違って当然です。職人のスキルと施工費のバランスが、各々が求めているものと一致しているかを確かめることが肝要だと思います。リフォーム費用の目安を周知するためにも、見積もりをゲットすることが必要不可欠です。業者が作ってくる見積書は素人には分かりにくく、掲載の方法や項目も、業者により相違してきます。「耐震診断を受診したことはしたけど、耐震補強工事費用に回すお金が無かったので、その工事を諦めた」という人々が少なくないと聞きました。だけど、放っておけば地震による被害リスクを抑えることは不可能です。