横浜市港南区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、横浜市港南区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

横浜市港南区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、横浜市港南区~横浜市港南区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、横浜市港南区~横浜市港南区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(横浜市港南区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


数社の業者に外壁塗装料金の見積もりを頼むことができる、「一括見積もりサービス」なるものが存在しているのを知っていますか?偽名での見積もり申請をすることもできますので、後々業者の不必要な営業電話が来るなどということがありません。「フローリングのリフォームをしてみたいけれども、工事費用は幾らになるのかが気掛かりだ!」と仰る人も少なくないでしょう。こういう方は、インターネットを利用して最近の相場を把握すると良いでしょうね。一括見積もりサービスというものは、元々運営会社それぞれが敢行する審査によって、劣悪だと言える業者を除外していますので、各自の考え方に沿う業者を、安心して選択して頂けます。近頃のフロアコーティングは、さまざまな機能性を有したものも数多くあって、「太陽光が入るので耐久性を重視したい」、「子供がいるので傷が心配」、「ペットが走り回っても響かないようにしたい」など、個々の希望に合わせて商品を選択することが出来る様になっています。リフォーム費用は、どのような施工内容になるかによってずいぶん変わってくるわけですが、場所別のリフォーム工事の相場を認識しておけば、比較的損をする事はないと断言できます。リフォームに関しても、住宅の改修を指しますが、リノベーションと比較しますと、規模的なものや意図が違っていると言えます。リフォームは比較的限定的な規模の改修で、元の状態に復元することがメインだと言って間違いありません。リフォーム会社に何を期待するのかは、人により様々です。先ずはそれを明白にして、リフォーム会社選定をする時の指標にすることが大切だと思われます。屋根塗装を行なうと、強風や雷雨又は陽の光から自分の家を防御することが望めますので、結果として冷暖房費を縮減できるというようなメリットも生じるのです。木造住宅の耐震補強工事という中で、屋根の重量を落とす工事は、その他の場所に影響することもありませんし、普通に生活しながら出来るので、家族皆さんの負担もないのも同然で、おすすめの対策です。キッチンリフォームをしていく中で、「今まで利用していたキッチンを取り外してみたところ、床の板が腐って穴が開いていた。」みたいな事は少なくありません。このような時は、その周辺の修繕をする必要が出てきます。リフォーム会社の優劣を決める際の着眼点は、人により違いますよね。職人のワザと施工費用のバランスが、自分自身が理想としているものと合っているかを確認することが大事になってきます。このHPでは、手抜き工事が一切ないリフォーム会社を、地区別に掲載しております。素晴らしい結果がほしいなら、「信頼される会社」に工事依頼することが不可欠です。マンションのリフォームを実施する場合の工事費は、個々のマンションで大きな違いが認められますが、これはマンションの状態だのリフォームを行なう場所により、施工過程がまるで違ってくるからなのです。フローリングリフォームで張り替える費用を考えますと、フロアコーティング費用を払うことで、美しいフローリングを20年程度保てる方が、やっぱり節約できたことになると断言できます。木造住宅の耐震補強に関しては、耐力壁をどこにセットするかが最も肝心だと言えます。耐力壁と申しますのは、地震であったり突風により真横からのパワーが齎された時に、抵抗する働きをしてくれる壁になります。