大島郡天城町でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、大島郡天城町で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

大島郡天城町でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、大島郡天城町~大島郡天城町周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、大島郡天城町~大島郡天城町周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(大島郡天城町)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


フロアコーティングを行なえば、床板を保護するのはもとより、美しい光沢をこの先ずっと保持できます。傷が付くことも少なくなりますし、水拭きが可能ですから、手入れもそれほど時間が取られません。フローリングが傷だらけになった時だけに限らず、「和室を洋室に変えたい!」というような場合にドンピシャリなのが、フローリングのリフォームだと言っていいでしょう。フローリングリフォームをお願いして、張り替える料金と比較してみますと、フロアコーティングをすることで、美しいフローリングを20年程度キープすることができるという方が、最終的に節約につながると言っても過言じゃありません。一流の会社は、様々な地域で数千という工事を請け負ってきたという実績があるのです。当然のことながら、相場と比較しても格安で機器を仕入れることも簡単なわけで、結果として顧客のリフォーム費用も安くなるというわけです。フローリングのリフォームと申しましても、「貼り替え」と「重ね張り」と名の付いた2通りの方法があるのです。作業工程が多くなるということで、やはり「重ね張り」よりも「貼り替え」の方が、費用は嵩むことになります。日本間に敷いている畳をフローリング様式に変更するというような場合でも、天井であるとか壁は和室のイメージをそのままにするために何もせず、畳だけを変えるフローリングリフォームが希望だというなら、費用は安くあがると思いますよ。浴室リフォームをするなら、床はフルフラットにする&滑りにくい材質のものにし、座ったり立ち上がったりする位置には手摺を配置するなど、安全対策もした方がいいでしょう。スレートが色褪せてきたり、屋根にサビが発生し始めたら、屋根塗装を行なった方がいいと考えるべきです。仮にそのままにしておいたら、建物全てに悪い影響が齎されることもあるのです。屋根塗装をやると、雨や太陽の熱から建築物を防護することができるので、必然的に冷暖房費を引き下げることができるといったメリットも生まれるわけです。木造住宅の耐震補強工事という中で、屋根の重量を落とす工事は、他の場所と関係することもありませんし、生活に支障なく出来るので、居住人の負担もほとんどなく、とても効果的な工事だと思います。「汚れが落ちなくなった」、「浴槽自体が狭い」など、浴室リフォームをすると決めた理由は十人十色なのです。尚且つ、ひとりひとりの浴室リフォームに対する望みも色々あります。木造住宅の耐震補強については、耐力壁をどこにセッティングするかが一番重要なのです。耐力壁と申しますのは、地震の為に横方向の力が加わった時に、抵抗する役目を担う壁のことですね。リフォームの中で、特にニーズがあるのがキッチンとのことです。機能性がアップされたキッチンにリフォームすることで、奥様方も明るくお料理に取り組めるでしょう。新しく建てた時と同じ程度か、それ以下の程度になる工事だとすれば、「リフォーム」に類別されます。これに対して、新たに家を購入した時以上のレベルになる工事だとすれば、「リノベーション」に類別されます。概して、電気器具の寿命は10年程度ですよね。キッチンの寿命はそんなに短くはないですから、そこにセットする製品類は、この先買い替えるということを踏まえて、キッチンのリフォームを実施するようにしてください。