鹿児島県でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、鹿児島県で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

鹿児島県でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(鹿児島県)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


頭にあるトイレリフォームの内容を入力するだけで、そのトイレリフォーム工事をやりたいという、近場のトイレリフォーム業者から、見積もりが返信されてくるというような一括見積もりサービスも存在しています。キッチンのリフォームを希望しているとしても、工事費用が幾ら位になるのかは見当もつかないですよね。だからと言って見積もりを貰ったとしても、その工事費が高いのか安いのかすら判別できないと言えるでしょう。フローリングのリフォームに関しましては、「貼り替え」と「重ね張り」と呼ばれている2種類の方法があります。作業工程に違いがありますから、普通は「重ね張り」よりも「貼り替え」の方が、費用は高くなるわけです。単にトイレリフォームと言っても、便座またはタンクを新品に取り換えるだけのものから、トイレ自体を替えてしまうもの、トイレを2階に新設するものなど、色んなパターンがあることがお分かりいただけるでしょう。「離れて暮らしている両親が高齢になったので、近いうちに高齢者向けのトイレリフォームを行ないたい」などと言われる方も稀ではないと思います。屋根塗装と申しますのは、見た目の印象だけに限らず、住まいそのものを外敵より守るという意味で、大きな役割を果たしてくれます。わかりやすく言うと、屋根塗装というのは、住宅の今の状態を長い期間維持する為には不可欠なのです。リフォーム予定の人が、リフォームの見積もりをゲットしたいときに、提携している各エリアのリフォーム業者から見積もりを取り寄せて、それを依頼者に責任をもって提示してくれるのが、「無料一括見積もりサイト」だというわけです。外壁塗装業界を見てみると、お客さんの不安を掻き立てて、乱暴に契約にこぎつけるあくどい業者とのトラブルがあちこちで起こっています。こういったトラブルを避けるためにも、外壁塗装に伴う知識を得るべきでしょう。浴室リフォームを実施してくれる業者を複数社ピックアップして、それらの業者に見積もりの提示を頼むのは、案外大変だと思います。「それは面倒くさい!」とおっしゃるなら、一括見積もり請求サイトが重宝します。常識的に見て、家庭電化製品の寿命は10年ほどです。キッチンの寿命はそれ以上になりますから、そこに置く製品類は、いずれ買い替えるということを頭に入れて、キッチンのリフォーム計画を立てるようにしてください。フローリングのリフォームは言うまでもなく、最近は畳をフローリングに変え、プラス完璧な洋室にするということで、襖や壁もリフォームしてしまうといった方が増加傾向にあります。敢えて中古のマンションを手に入れて、自分の好みに合うようにそのマンションのリフォームを執り行うというのが、今の中古マンション市場での特徴です。新しく売りに出される物件だと感じ取ることができない“面白味“があると聞かされました。一般的にフロアコーティングは一回しか実施しませんから、望み通りの結果を得る為には油断はできないのです。その為にも、とにかく出来るだけ多くの業者から見積もりを取ることが必要です。当サイトでは、トイレリフォームで本当に必要な料金とか、明確にしておきたい重要ポイントにつきましてお伝えしています。トイレリフォームに関して悩んでいる方は、確かめていただければと思います。昔なら主役はワックスだったわけですが、今日ではワックスよりも耐用性や保護能力に優れ、光沢も素晴らしいフロアコーティングに注目が集まっています。