一関市でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、一関市で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

一関市でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、一関市~一関市周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、一関市~一関市周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(一関市)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


トイレリフォームの費用は、便器とかタンクなどの「機器価格」と、工事担当者の給与である「施工費」、尚且つ廃材処理費用等の「雑費」の総計で決まるようです。リフォーム費用の見積もりをチェックすると、完成物としては残らない諸経費と仮設工事費が記載されておりますが、その内諸経費に関してはまともに理解されていないことが多いようで、利益以外の何物でもないと捉えられているみたいですね。一様にトイレリフォームと申しましても、タンクあるいは便器を新品にするだけの簡単に済むトイレリフォームから、和式トイレを流行の洋式トイレに変更してしまうリフォームまで色々あるのです。リフォーム費用の相場と呼ばれるものは、建造物の骨組みとか付帯設備の劣化度等によって違ってきますから、リフォーム費用の相場を確かめる時に、ウェブのページに書かれている情報だけを信頼してはダメだということです。マンションのリフォームに踏み切った理由を問い合わせてみたところ、一番多い答えが「設備の劣化&最新設備への転換」で、5割を超える世帯の方がその理由に挙げていらっしゃいました。フローリングのリフォームに関しては、「貼り替え」と「重ね張り」と呼ばれる二種類の方法があります。作業工程が多くなる分、当然ながら「重ね張り」よりも「貼り替え」の方が、費用は高くついてしまいます。旧耐震基準に従って建築された木造住宅に関しまして、いろんな自治体が耐震診断の費用を完全無料にすることを打ち出しているようです。その診断結果に準拠した耐震補強工事の費用を、一定額まで補填する自治体も見受けられるようです。「耐震診断を行なってもらったのだけど、耐震補強工事に要する費用を捻出することができなかったから、その工事を断ざるを得なかった」という事例が少なくないと言われています。そうは言っても、無視していれば地震による被害を小さくすることは不可能だということですね。買ってからしばらく経過したマンションのリフォームを実施しようかと思案している方が多くなっているとのことですが、リフォーム工事のやり方やその工事費用に関しましては、ぜんぜんと言っていいほど把握できていないという方もたくさんいるそうです。フロアコーティングをやっておけば、床板を保護するのは勿論の事、美しい光沢を何年も保つことができます。傷も付きにくいですし、水拭きも可能になっていますから、清掃も非常に短時間で済むはずです。耐震補強に100万円以上ものお金を掛けたところで、将来的に地震で痛手を被るかは確定されていませんし、もったいないことになるかもしれません。ですが、耐震補強工事が実施されている家に住んでいるということは、何より心の平穏を齎してくれます。トイレリフォームに掛かる費用というのは、あまり知られていませんが、通常言われているおおよその金額は、50~60万円強なんだそうです。だけど、想定していないトラブルが発生して、この金額では対処できなくなる可能性もあることは心得ておきましょう。リフォーム会社によっては、リフォーム工事が終わった後に表出した不具合を無料で修繕する保証期間を定めている会社も存在しますので、リフォーム会社を1社に決める前に、保証制度が付帯されているか否かとか、その保証期間と範囲を掴んでおくべきでしょう。外壁塗装業界におきましては、お客様の不安を増長させて、無理くり契約を迫る悪徳な業者とのトラブルが非常に目立ちます。そんなトラブルに巻き込まれないためにも、外壁塗装に関しての知識を得るべきでしょう。「外壁塗装の施工費用」には胡散臭い点が非常に多く、業者が出してきた見積もりが相場と比べ高くないのか全く見当がつきません。更に言うなら、そこに含まれている工事そのものが、絶対に必須なのかもまるっきりわからないのです。