札幌市北区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、札幌市北区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

札幌市北区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、札幌市北区~札幌市北区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、札幌市北区~札幌市北区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(札幌市北区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


リフォーム会社に求めたいことは、各自違うと思います。従ってそれを頭の中で整理をして、リフォーム会社選択をするという際の軸にすることが必要不可欠だと考えます。キッチンのリフォームを希望してはいても、代金が幾らくらいなのかは見当もつかないですよね。仮に見積もりを貰ったとしても、その値段が世間並なのかどうかすら判別することができないと思います。トイレリフォームにつきましては、便座を取り換えるだけのものから、トイレ全てを替えてしまうというもの、トイレを二階にも増設するものなど、様々なパターンが考えられます。「外壁塗装工事くらい、手を抜いてやっても分からないものはない」と言われるほどで、劣悪な業者が相当いるのです。そういう理由で、信頼の置ける業者を見つけることが最も大切になります。紫外線とか風雪のみならず、そこで日々3~4割の時間を過ごす人々を、種々のものから防御してくれる住宅。その耐久年数を延ばすためには、決まった期間ごとの外壁塗装は大切なのです。リフォーム費用の見積もりをチェックすると、ものとしては残り得ない諸経費と仮設工事費が計上されていますが、殊に諸経費につきましてはきっちりと理解されていないことが多いようで、利益を別の言葉に変えているだけだと想定されているようですね。一般的に言って、電気器具の寿命は10年だとされています。キッチンの寿命はそれより長くなりますから、そこにセットすることになる製品類は、遠からず買い替えるということを頭に置いて、キッチンのリフォームに取り掛かる必要があります。「同居の親が結構な年になってきたので、何とか介護専用のトイレリフォームを実施したい」などと考えている方もたくさんいるのではありませんか?リフォームとの間に、明白な定義の違いはないと指摘されていますが、それまで暮らしていた住居に新たな付加価値を持たせるために、設備の見直しや間取り変更工事などを行なうことをリノベーションと言います。今更ですが、耐震補強工事は知識と経験豊富な業者が行ないませんと、効果を期待することができないのです。その他にも、施工する住居の状況次第で、補強する部分や段取りなどがまるで変ってきます。キッチンリフォームの時に、「今のキッチンを移動させてみたら、床板が腐っていた。」などという事はよく見られます。こんな状況だと、その床材の手直しをすることが要されます。耐震補強の為に預貯金の大部分を使っても、実際に地震に見舞われるかは定かじゃないですし、もったいないことになるかもしれません。そうは言いましても、耐震補強されている家で生活をするということは、考えている以上の心の平穏に繋がるのではないでしょうか?フロアコーティングというのは、傷を阻止したり、綺麗さを長く持たせることを目論んでなされるものです。また最大の特長だと言っても過言じゃないのが、ワックス掛けが必要なくなるということでしょうね。長年住んでいるマンションのリフォームをやろうかと検討している方が増してきているようですが、リフォーム工事のプロセスやその費用などにつきましては、まるで認識できていないという方も少なくはないらしいですね。フローリングが汚くなってきた時は勿論の事、「部屋自体のイメージを変えたい!」というような時におすすめなのが、フローリングのリフォームだと断言します。