札幌市南区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、札幌市南区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

札幌市南区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、札幌市南区~札幌市南区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、札幌市南区~札幌市南区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(札幌市南区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


旧耐震基準に則って建築された木造住宅を対象としまして、数々の自治体が耐震診断の費用を100%負担することを打ち出しているようです。その診断結果に基づいた耐震補強工事の費用を、一定額まで補填する自治体も見られるそうです。マンションでの浴室リフォームというのは、一般住宅においての浴室リフォームとは違うところも多いとされています。このウェブページでは、マンション故のリフォームのコツや注意点を見ることができます。傷や汚れが非常に目立っているフローリングをリフォームしたい気持ちはあるけど、「あんまり時間が取られるのも嫌だし・・・」と迷っている人もいるではないかと思います。驚くことに、フローリングのリフォームは一日で終了させることも無理ではないのです。トイレリフォームに掛かる金額というのは確かに不透明ですが、通常言われているおおよその金額は、50~80万円だそうです。ところが、想定外のことが起きて、この金額を超えることも考えられます。フローリングのリフォームにとどまらず、ここ最近は畳をフローリングにし、更に完全なる洋室に生まれ変わらせたいということで、天井や襖もリフォームしてしまうといった方が多くなってきています。匿名且つタダでリフォーム一括見積もりを依頼することができるサイトも注目を集めています。申込時間によっては、3~4時間で見積もりを受領することになりますので、気軽に金額であるとかサービス内容などを比較したり検討したりできます。単にトイレリフォームと言っても、便座とか便器を取り換えるのみのものから、トイレ全部を替えてしまうもの、トイレをもう1つ増やすというものなど、いろんなパターンがあるのです。ただ単にトイレリフォームと言いましても、タンクを新しいものに交換するだけの2~3時間程度のトイレリフォームから、和式トイレを今流行りの洋式トイレに全面的に取り換えてしまうリフォームまで色々です。本当に「リフォームをしたい」という気持ちになった際に、どちらのリフォーム会社に頼むべきか戸惑う人もいらっしゃるでしょう。会社選びは、リフォームの満足度に繋がるので、物凄く重要なファクターなのです。全般的に、電気器具類の寿命は10年位です。キッチンの寿命はそんなに短くはないですから、そこにセットする製品類は、将来的に買い替えるということを頭に置いて、キッチンのリフォーム計画を立てるようにしてください。リフォーム会社選びの際の大切なポイントとして、書き込みだの噂に加えて、「何はともあれ3~4社のリフォーム会社から見積もりを出してもらって見比べてみる」ということが大事だと思われます。「父と母が共にかなりの高齢なので、出来るだけ早く高齢者専用のトイレリフォームをしたい」などと考えられている方も多々あると感じます。「家族がいつも集う居間とか、ダイニングだけを耐震補強する。」というのも良い方法ですから、貯金の額をチェックしながら、耐震補強を敢行していくべきでしょう。浴室リフォームを行なうのなら、床はフルフラットにする&滑る危険がない素材のものにし、腰を上げ下ろしする位置には手摺を設置するなど、安全面の充実も図るようにしてください。一般的に言えば、フロアコーティングは1回しかしませんので、満足のいく仕上がりにする為には妥協などしていられません。その為にも、まずは出来るだけ多くの業者に見積もりを依頼することが必要不可欠です。