広島県でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、広島県で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

広島県でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(広島県)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


簡単にトイレリフォームと申しましても、便器や便座を新型にするだけの小規模なトイレリフォームから、和式トイレを今風の洋式トイレに完全に取り換えてしまうリフォームまで色々あるのです。リフォーム費用の見積もりを見てみると、施工したものとしては残り得ない諸経費と仮設工事費が記されていますが、中でも諸経費に関しては的確に理解されていないことがほとんどで、利益を増やすための項目に過ぎないと考えられているみたいです。多数の塗装業者に外壁塗装に要する料金の見積もりを請求できる、「一括見積もりサービス」と称されているものがあるのを耳にしたことはありますか?偽名での見積もりを請求することも許されていますので、その後業者の度重なる営業があるということもありません。木造住宅の耐震補強におきましては、耐力壁をどの位置に施工するかが最も肝要です。耐力壁と言いますのは、地震であったり突風により水平方向の力が加わった時に、抵抗する役目を担う壁になります。浴室リフォームを行なう場合は、床は段差解消&滑らない素材のものを選び、立ったり座ったりする部分には手摺を配置するなど、安全にも気を配った方がいいでしょう。キッチンのリフォーム費用については、ご希望の製品や素材、施工レベルなどによって開きが出るものです。一般的なもので言えば、製品と工事費を合わせて、75~150万円程度だと教えられました。耐震補強を万全にしても、本当に地震が来るかは定かではありませんし、もったいないと言えるかもしれません。とは言いましても、耐震補強が敢行されている家に住むということは、思っている以上の安心感につながるはずです。マンションのリフォームと言いますと、洗面所もあれば天井もあるというように、色々な場所がターゲットになりますが、業者によって実績のある場所(分野)や施工金額設定が結構異なります。「外壁塗装代金」には意味不明なところが見られ、業者にもらった見積もりが相場と比較して安いのか全く見当がつきません。しかも、複数記載されている工事そのものが、本当にやるべきものなのか否かも分からないのです。リフォーム会社を見たてる際の観点は、人によって異なってしかるべきです。職人のワザと施工費用のバランスが、自分自身が理想としているものとフィットしているかを確かめることが重要だと断言します。リフォーム一括見積もりサービス提供会社の従業員が、申込者が入力した内容を取引業者に伝え、それに対して提出された見積もり金額を申込者に伝えるというサービスも一押しですね。フローリングリフォームによって張り替えるコストと比べると、フロアコーティングをしてもらうことで、艶やかさを20年ほど保ち続けることができるという方が、結果を見れば断然得をすることになると言って間違いありません。スタンダードなリフォーム一括見積もりサイトは、申し込んできた人の姓名とか電話等を登録業者に提供することが前提になっていますから、営業のTELが掛かってくることもあるでしょう。旧耐震基準で建築された木造住宅に関しまして、かなりの自治体が耐震診断の費用を無料化することを表明しているようですね。その診断結果に準じた耐震補強工事の費用を、一定の額まで補填する自治体も出てきているそうです。考えている通りの自宅を実現ということになれば、それなりの支払いが請求されることになりますが、新築なんかより安い費用で実現可能になるのが、このページでご紹介中のリノベーションになります。