北九州市若松区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、北九州市若松区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

北九州市若松区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、北九州市若松区~北九州市若松区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、北九州市若松区~北九州市若松区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(北九州市若松区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


耐震補強の為に大きなお金を費やしたところで、本当に地震が来るかは不明確ですし、手持ち資金だけが減るという結果になるかもしれません。とは言っても、耐震補強工事がなされている家で生活をするということは、間違いなく安心感を得ることに繋がります。今大人気のリノベーションとは、昔買った住宅に対して、その利便性を良くする為に改修をしたりなど、そのお家での暮らし全体の満足度を引き上げるために、広範囲の改修を行なうことを言うのです。フローリングのリフォームをやりたいのに、なかなか腹が決まらないという人が少なくないと想定できます。そうした場合に有用なのが、楽々有効活用できる一括見積もりサービスなのです。日本間に敷いている畳をフローリングに変更したいという場合でも、天井や壁は和室のイメージをそのまま残すということで手を加えず、畳を変えるのみのフローリングリフォームだとすれば、費用は安くあがると思いますよ。リノベーションとは、新築から何年も経った建物を対象に規模的にも大きな改修工事を敢行し、機能をプラスして使い勝手のレベルを上げたり、住まいとしての価値を引き上げたりすることを言います。耐震補強というのは、全リフォームの中でも高額な料金が取られる工事だと言っていいでしょうが、費用の面でハードルが高いとすれば、「居間だけは!」というように、必要不可欠な部分のみ耐震補強する事も可能です。リフォーム費用の見積もりを精査すると、形的には評価できない諸経費と仮設工事費が記載されておりますが、とりわけ諸経費につきましてはきちんと理解されていないことが大半で、ただ単に利益だと思われているみたいです。フロアコーティングをしておけば、床材を保護するのみならず、美しい光沢を何年間も保持できます。傷も付きにくいですし、水拭きで汚れも落ちますので、クリーンナップもメチャクチャ楽だと言って間違いありません。「同居の親が高齢に差し掛かってきたので、近いうちに介護専用のトイレリフォームをしたい」などと考えられている方もかなりいるのではありませんか?「風呂場の床が滑るので怖い」、「黒ずんできた」と思う様になったら、そろそろ浴室リフォームに着手したほうが良いと思います。最新のバスルーム関連の設備は進歩も半端じゃなく、色々な面で工夫されています。リフォームについても、住居の改修だと言って間違いありませんが、リノベーションと比べますと、規模の面だったり意図するところが異なるわけです。リフォームは大体限定的な規模の改修で、元の状態を取り戻すことが主たる目的になるのです。マンションにおいての浴室リフォームというのは、一般の住宅における浴室リフォームとは異なる面もかなりあります。このサイトでは、マンションの特質を考慮したリフォームの留意点をご覧いただくことができます。トイレリフォーム費用に関しまして知っておいていただきたいのは、便器やタンク、更には便座の機能性などが、この3年前後で本当に進化をして、値段は割安なのに、十分満足できるものも売りに出されているということなのです。標準のリフォーム一括見積もりサイトは、ユーザーの名前やTEL番号等を加盟している業者に通知することが前提になりますから、頻繁にTELが掛かってくることも考えられます。匿名&タダでリフォーム一括見積もりをお願いすることが可能なサイトも存在します。申し込み時間次第では、当日に見積もりを貰えますから、面倒なこともなく費用とかサービス内容などを知ることができます。