福岡市西区でトイレ交換費用の安い業者の見つけ方


トイレ交換にかかる費用は、トイレ本体代に5万円~30万円+工事費に1万円~3万円ほどです。


ちなみに上記は洋式から洋式への交換の場合で、和式から洋式に交換する場合は工事費に30万円ほどかかってしまいます。


さて、そんなトイレ交換ですが、出来ることなら安く抑えたいですよね??


そこで大事になってくるのが業者選び。工事内容にもよりますが、業者によって数万円の差は当たり前、高いと10万円以上の差が出ることもあります。


だけど、福岡市西区で頼むなら、どこの業者が本体代、工事費ともに安いのか分からない・・・。


そんな時は、リフォーム業者の見積もりを比較できる「リショップナビ」を活用しましょう。


▼ ▼ ▼

福岡市西区でトイレ交換費用の安い業者を探すならリショップナビ


リショップナビでリフォーム内容(今回の場合はトイレ交換)や住所を入力すると、福岡市西区~福岡市西区周辺のリフォーム業者に一括で見積もりをお願いできます。


それにより、トイレ本体代と工事費の合計が一番安い業者を、簡単に見つけることが出来ます。


これを自分の手でやると大変ですよ。まずはトイレ交換してくれる業者を探して(まずこれの取捨選別に時間がかかる)、一つ一つの業者に見積もりのお願いをして・・・って、手間も時間もかかり過ぎる!!こりゃ下手すると1日がかりでも終わらないぞ/(^o^)\ナンテコッタイ


それに比べリショップナビを使うと、福岡市西区~福岡市西区周辺のリフォーム業者探しから見積もりの依頼まで、約3分ほどで済みます。


安く済むモノにわざわざ高いお金を払ってしまわぬよう、リショップナビで業者の見積もりを比較して頂ければと思います。


⇒ リショップナビで一括見積もりしてみる


リショップナビの特徴


 ・約3分の入力作業で周辺のリフォーム業者に一括見積もりを依頼できる※最大5社

 ・まずは見積もりを見てから検討したいという人の利用もOK

 ・加盟しているリフォーム業者は全国に800社以上

 ・厳しい加盟店審査を通過できた業者のみを厳選

 ・安心リフォーム保証制度完備(1年間の保障)


リショップナビを利用したK・Nさんの声


リショップナビを利用したK・Nさん(福岡市西区)

トイレ交換と内装リフォームをするため、リショップナビのお世話になりました。


そこそこ金額のかかるリフォームだと思ったため、業者選びでも結構金額が変わってくると思ったんです。


そうしたら案の定、一番高い見積もりの業者と一番安い見積もりの業者では、9万円弱の差が出ました。


これで安い方が頼りないとかであれば考えものでしたが、会社のホームページから過去の施工もしっかりしてそうだったので、そちらにお願いしました。


工事後も特に気になった点はなく、安く良い仕事をしてもらえたと私も夫も満足しています。


最初の内だけかもしれませんが、新しいトイレを綺麗に保ちたく、前よりこまめに掃除をしています(笑)


⇒ リショップナビ公式サイトはこちら

 

 


リノベーションにお金を掛けても、新築のことを考えれば割安でマンションを手に入れられるのは言うまでもなく、何年か先の資産価値の目減りを和らげるというメリットも期待できるのです。全てのリフォームの中で、一番多く行われているのがキッチンとのことです。最新型のキッチンにリフォームすることが出来たら、女性の皆さんも張り切って料理をすることが出来ると言ってもいいでしょう。トータルで安くあげられるという理由で、古いマンションを買ってリフォームを行うという人が増えているそうです。現実問題として、マンションのリフォームに必要な金額が幾らなのか興味があるでしょう?リフォーム費用の目安を認識するためにも、見積もりをゲットすることが必須になります。業者が提示した見積書は専門用語が多く、掲載の順序や掲載項目も、業者によって異なってきます。リフォーム費用の相場に関しましては、家屋の骨組み付帯設備の状態などによって違って当然ですので、リフォーム費用の相場を見極める際に、ウェブのページに書かれている情報だけを信頼してはダメだと言えるのです。耐震補強というものは、多岐に及ぶリフォームの中でも高額な代金が請求される工事だと言えますが、金額の面で躊躇っているのであれば、「リビングだけは!」みたいに、必要不可欠な部分のみ耐震補強するというのもひとつの選択肢です。浴室リフォームをやる時は、機能だけに目を奪われることなく、疲れが取れる風呂の時間になるようなリフォームプランにすることにより、納得度も驚くほどアップすると思います。トイレリフォームの価格は、便器やタンクなどの「機器代金」と、工事に当たる人の人件費とされる「施工費」、且つ廃棄物処分等の「雑費」の合算で決まってきます。ノーマルなリフォーム一括見積もりサイトは、申請してきた人のお名前や携帯番号等を加盟している業者に通知することが前提になりますから、セールスの電話が掛かってくることも考えられます。通常なら、フロアコーティングは一度しかしませんから、キチンと仕上げるには妥協は厳禁です。その為にも、まずは3~5社の業者より見積もりを取り寄せることから開始しましょう。無料はもちろん、匿名でリフォーム一括見積もりを頼めるサイトも注目を集めています。うまく行けば、当日中に見積もりを受領することになりますので、手っ取り早く価格とかサービス内容などを確かめることができます。木造住宅の耐震補強の中でも、屋根そのものの重さを減じる工事は、その他の場所に影響することもありませんし、普通に生活しながら進めていけますから、家族全員の負担もあまり考えられませんし、おすすめの対策です。「フローリングのリフォームをしてもらいたいけど、金額が幾らになるのかが気掛かりだ!」といった方もいるはずです。そういう方は、ネットを活用して今の相場を把握すべきでしょうね。外壁塗装業界を見てみますと、ユーザーに不安を植え付けて、配慮なしに契約を結ばせる粗悪業者とのトラブルが非常に目立ちます。このような被害の当事者にならないようにするためにも、外壁塗装関連の知識を身につけなければなりません。リフォーム費用の見積もりを見ると、ものとしては残ることがない諸経費と仮設工事費が記載されていますが、とりわけ諸経費につきましてはしっかりと理解されていないケースが多く、利益を誤魔化しているだけだと想定されがちですね。